ハンドメイドルアーでは下地の目止めとベース塗装が終わった後に行います。
(ここでは製作途中のものではなく、市販のルアーを使って説明しています。)

1,ルアーブランクにマスキングテープを貼ります。



2、アルミを貼るカタチをサインペン等で描きます。



3、マスキングテープを剥がし、厚紙に貼ります。



4,厚紙を切り抜いて型紙を作ります。



5,アルミウロコにあてがい、カタチをなぞります。



6,ハサミで切り抜きます。



7,ブランクに貼ります。
  エッジの部分はプラスチックのヘラや定規でよく伸ばしておくとこのあとの段差の修正が楽にできます。



8、アルミ貼り完成。


  このあとトップコート(ウレタン、セルロースセメント)をしてアルミのエッジの段差をとっておくと仕上がりがキレイになります。

あとはお好きな色を塗ってトップコートを数回行えば完成です。



                                        END